チョコっとブログ
HOME > チョコっとブログ > 2015年12月のアーカイブ

激走!「第35回つくばマラソン!!」2015.12.04

category:みんなの広場

みなさん!初めまして!こんにちは。

今年、東京フードに入社しました新入社員の大貫(愛称:ぬっきー)と申します!(^^)!

よろしくお願いします。

 

最近、外が寒くなってきましたね。

しかし、そんな寒さは体を動かして内側から温まろー!

と考えた私は、

 

先日、「第35回つくばマラソン」に東京フードの代表として参加してきました!!

(私事ですが実は、人生初の!フルマラソンです・・・)

その模様をブログにてレポートしていきます!

 

つくばマラソンはフラットで紅葉の美しい景色豊かなコースになっており、初挑戦のビギナーから記録更新を目指すベテラン、健康増進の目的や仲間と一緒に楽しみながら走りたい方々まで、幅広いランナーに受け入れられています。

 

 

さぁ!スタート直前の様子。やっぱり寒い!!

選手だけでなく、つくばの観光大使のお姉さん方からも緊張感が伝わってきます(.;)ドキドキッ

20151204onuki1.jpg 

みなさん、準備は整ったようです。

いざ!42.195㎞コース、つくば一周の長き旅へ!しゅっぱぁ~つ!しんこう~!

 

 

スタート直後の様子。(まだ私ははるか後ろの方でウロウロ汗)

20151204onuki2.jpg 

15千人を超える参加者がそれぞれの目標を達成させるために走ります。

私も若さを武器に、この場で「自分」をどれだけ出せるかという目標に挑戦します!

 

 

レース序盤の10㎞地点。

地元学生の吹奏楽団による素晴らしい演奏がランナーの心を響かせてくれます。

(私:まだイケる♪まだ若い♪余裕だぜ♪♪)

 

レース中盤の20㎞地点。

沿道で地元の方が配ってくれるバナナ、みかん、あんぱん、シュークリームが走るためのエネルギーを完全回復!

(私:あと半分か。モグモグ、よぉーし、ペースアップしていくぞー!モグモグ)

 

本当のフルマラソンはここから!30㎞地点。

映画「ロッキー」のBGMが参加者の下がりかけているモチベーションを上げてくれます。沿道にいらっしゃる方々の応援にも熱が入ります!

「カエルさん!がんばってー!」

(私:な、なに!?カエルさんの仮装に負けるかー!)

 

と意気込んだのも束の間、私の左足に異変が・・・ピキーッ!

(私:あ、足が・・・!!つりそうだ・・・)

調子に乗ってペースアップしたせいか足が言うことを聞かなくなり、

次々と抜かしていった人数以上に追い抜かれてしまい、私の心も・・・

(私:ここまでか・・・。)

 

しかし、そのとき、目の前に見えたのは!

20151204onuki3.jpg 

辛く苦しい道のりにさりげなくたたずむ看板たち。

20151204onuki4.jpg 

ユニークで明るく、前向きなメッセージの数々・・・。

きっと、つくばマラソンでしか見ることはできないサービス。

 

沿道の応援も私の背中を押してくれましたが、

レースの1km地点からある42個もの熱いメッセージが、

私の消えかかっていた心の火を再び燃え上がらせました。

 

そこからは一言ずつ胸に刻みながら、失った体力をその気力でカバーでき、つくば一周の旅を終えることができました。

20151204onuki5.jpg 

心身ともにボロボロの満身創痍の私(写真左)

その傍ら、今年で3回目のフルマラソンという熟練ランナーの元気な同期(写真右)

 

 

走ってゴールするだけが「つくばマラソン」ではありません。

協賛している東京フードはゴール後のランナーの身体と心を癒すため、おいしいチョコレートの配布活動を行い、ともにゴールという味を分かち合いました。

20151204onuki6.jpg 

先輩方、朝早くからの準備、遅くまでランナーのサポート、そして応援していただき誠にありがとうございました!

 

 

今回、私が学んだことは「心遣い」の大切さ。

「つくばマラソン」が全国の方々に愛される所以はフラットで走りやすいコースだからではなく、ぽかぽかと温かく小さな「心遣い」の積み重ねがランナーを引き寄せ、それが魅力となっているからなのだと感じました。

 

20151204onuki7.jpg 

「第35回つくばマラソン」に参加した一部のメンバーです!

フルは3名、10㎞の部は6名で計9名のアスリートたちが出場し、

全員が無事ゴールすることができました!!

 

 

私自身、初フルマラソンの挑戦でしたが、

この経験と学びを活かし、これからも東京フードをより内側から温め、より魅力ある会社にしていきます!(^^)!

 

改めて、フルマラソンへ挑戦できるチャンスを与えてくださった先輩方、ゴールへの後押しとその準備をしてくださった皆様に感謝いたします。

これからもどうぞよろしくお願いします。

長々と失礼しました。

 

s.onuki