私たちのこだわり

生産管理

製造ロット毎のトレーサビリティも実現


お客さまの期待に応えるクオリティの高い製品を提供すること、それも東京フードにとっての大きなテーマです。消費者ニーズの多様化で製造の多品種少量化が進む中、品質の高い製品を正確かつ効率よく生産することが求められています。そこで、当社では生産に関する情報すべてを一元管理する新生産管理システムを構築しています。このシステムでは、すべての資材、製品をバーコード管理することで、配合ミスや未検査品の出荷といったヒューマンエラーを徹底して排除、さらに、各製造工程においてリアルタイムに入力された製造履歴をデータベース化し、製造ロット毎のトレーサビリティも実現しています。

新生産管理システムについて
Point1 情報の一元化/共有化
  • 生産に関連する情報を一元管理することで、最新のデータを共有できる
  • 実績を電子データで保存することで検索を容易にし、ペーパーレスを実現できる
  • バーコード入力により、実態の動きに合せたリアルタイムな在庫管理が実現できる
  • 管理部門(管理者)では随時作業状況の照会が可能になる
Point2 配合事故防止/個人差をなくす
  • 配合情報に製造標準(作業手順/チェックポイント/製品規格)が登録できる
  • 製造標準に沿った作業の実施及びコンピュータチェックにより、個人差による品質のブレを抑え配合事故を防止できる
Point3 トレーサビリティの実現
  • 製品製造に係わる履歴情報の収集ができる
  • 製品ロットから製造履歴(原料ロット/製造実績/作業チェック/品質検査結果/荷実績)情報をトレースできる

パネルコンピューターとバーコードリーダーを使用し、配合事故を未然に防ぎます。

携帯端末による品質管理。画面から製品規格の指示がでます。