企業情報
HOME > 企業情報 > 沿革

沿革

1967年菓子製造業として会社設立。
千葉県市川市にてチョコレート製造加工を開始。
1971年チョコレート工場を従来地より茨城県土浦市に移転。
1983年業務用チョコレート製造開始。
1985年事業拡大に伴い現在地に用地を確保し工場を移転。
1992年生産量増加に伴い既存工場に原料倉庫を増設。
1999年事業規模の拡大による生産設備の増強を図る為、既存工場の一部を地上4階建てに増築。
2002年ISO9001認証取得
2006年生産量増加に伴い既存工場に成型ライン・充填ラインを増設。
2007年開発業務の充実と従業員の福利厚生のため、新事務研究棟を竣工、
旧事務棟を福利厚生棟に改築し現在に至る。
2011年いばらきHACCP認定
2014年生産設備増強とアレルギー対応強化の為、新工場を増設。
2015年アペニンコーポレーション筑波工場(包装部門)を統合し、
東京フード第二工場として稼働を開始。
2016年FSSC22000認証取得