チョコっとブログ
HOME > チョコっとブログ > 2018年7月のアーカイブ

創立51周年記念式典2018.7.20

category:みんなの広場

東京フードは今年6月23日(土)に創立51周年を迎え、同月25日(月)に創立記念式典を

開催しました。

20180720miyakoshi1.jpg 

丹羽社長のご挨拶に始まり、永年勤続表彰、記念撮影と進み、最後に創立記念品の紹介と

お引き渡しとなりました。

創立記念品は、毎年その年にふさわしい代物を用意しています。例年は記念菓子を

ご用意しておりましたが、今年は趣向を変えて"オリジナルロゴ入り真空サーモボトル"

を作製しました。

20180720miyakoshi2.jpg 

今期経営方針の『3C』から、

 

Change 「思いをカタチに」

Challenge 「これまでと違うことにも挑戦しよう!」

Communication 「毎日、会社でもプライベートでも使えていつもそばに"和絆夢来"

               を感じられるように」

 

という思いを込めました。

"和絆夢来"は"わきあいあい"と読み、東日本大震災の翌年に丹羽社長が考えた「和・絆・夢・未来」の4つの文字をつなげると

「和をもって 絆をなせば 夢 来たる」

との思いが込められる、というエピソードで生まれた、東京フードが大切にしている言葉です。

オリジナルロゴは和絆夢来の文字を写した月と雲をイメージしており、チョコレート色の木目調カップとシンプルなボトルに和風なロゴデザインがスタイリッシュな仕上がりとなりました。

業務中のデスクの傍らに、家族でのお出掛けのお供にと毎日愛用しています。

このサーモボトルを手に、今年も日々邁進していきたいと思います!

n.miyakoshi

飲んで!走って!また食べて? ~那須高原ロングライド~2018.7.17

category:みんなの広場

こんにちは!東京フード自転車競技部(愛称:ヘナチョコクラブ)の大貫です!

「最近、暑いな~・・・」とダラけがちな今日この頃...。

我々、ヘナチョコクラブは避暑地を追い求めていました...。

 

『・・・・・・・夏、夏、なちゅ、ナス? そうだ那須へ行こう!笑(ムリヤリ)』

 

ということで涼しさ欲しさに今回は

「那須高原ロングライド」に挑戦してきました!!

20180717onuki1.jpg 

避暑地で有名な「那須」は『奥の細道』で有名な松尾芭蕉が歩んだとされる歴史ある土地でありますが・・・20180717onuki2.jpgん?苦行・・・? 75km? ・・・急に寒気がしてきました。

 

 

ま!その前に、趣深い土地に失礼のないように

温泉でサッパリしてお酒で体の隅々まで浄化させて、清く正しくレースに臨みましょ!!20180717onuki3.jpgそして迎えた当日の朝、スタートまで集中力を高めるために瞑想中・・・。

 

閑けさや 岩にしみ入る 蝉の声

 

(うぅ気持ち悪い...二日酔いで体が重くなってしまったのはヒミツです...笑)

20180717onuki4.jpg

スタートして1時間・・・まだ25km??

やはり約75kmの「奥の細道」は今日までダラけていた我々の身体には堪える。

 

夏草や 兵どもが 夢の跡

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・と思っているのも束の間!?!?

 

 

ありがたいことに!なんと!!

道中に10か所以上の『おもてなしエイドステーション(※)』

あるじゃないですか~!!

※エイドステーションとは?

マラソンや自転車を使ったロードレースで、水分や食べ物を補給できるようコースの途中に設けた施設のことです。

 

20180717onuki5.jpg

ひん死の身体に「飲む点滴」甘酒を打ち、「本格」ちゃんこ鍋でガソリンを満タンにし、

仕舞いにはアイスクリームで上がったバッテリーを冷やして・・・!

 

那須のおもてなしのおかげか見事!笑顔で辛い苦行(?)をクリアーできました笑!!

20180717onuki6.jpg

飲んで!走って!また食べて!

プラス!マイナス!ゼロ!なレースでしたが、

無事に夏の暑さを乗り越える英気を養うことができました笑

20180717onuki7.jpgみなさんも自転車にお乗りの際はぜひ、ヘナチョコクラブ(通称:チャリ部)と一緒に走ってみませんか?

 

今辛いことも、楽しく乗り越えられるはずです・・・きっと笑。

S.onuki

野球部 H30年度第22回つくば市連盟杯 参加2018.7.06

category:みんなの広場

 

皆さんこんにちは!! 野球部 部長兼監督の中根です。

 

7月に入り、梅雨が明けました。いよいよ夏本番! 野球の季節がやってきました。

高校野球も地区予選を迎える中、東京フード野球部は「第22回つくば市連盟杯」に参加してきましたので、その内容をお伝えします

 

【第22回つくば市連盟杯軟式野球大会

 今大会もつくば市軟式野球連盟より連盟推薦枠として選出して頂き、4年連続5回目の参加になりました。今大会も東京フードは協賛させていただきました。

 

近隣地区優勝チームが参加している強豪揃いの大会で、過去1勝しか出来ていない我ら 東京フード野球部は、夏1勝を目標に挑んできました。

対戦相手は、つくばみらい市代表の「ワーカーズ」さんでした。

 

20180706nakane1.jpg

 

 

【試合結果】

1回戦  6/24(日) 第2試合 11:4013:25  谷田部球場

 

 

1

2

3

4

5

6

7

東京フード

0

0

1

0

0

0

0

1

7

1

ワーカーズ

0

0

2

1

0

0

×

3

2

3

接戦の末、1-3で敗退・・・。

 

【試合展開】


3回表(フード攻撃)
 2番N山くん、4番S井くんが出塁し、ワンアウト2.3塁のチャンス!
 5番T見くんがファールで粘り、12球目をライトへ打ち、犠牲フライで1点を先制!(1-0)
 
3回裏(相手攻撃)

先頭バッターにフォアボールを与え、パスボールと内野ゴロでワンアウト3塁の

ピンチ! 9番バッターにレフト前ヒット打たれ1点(同点)

その後フォアボールを与え、1.2塁のピンチ!2番バッターにライト前に打たれ

更に1点を追加される。(1-2)

先発ピッチャーI田くんを早々諦め、2番手Y波くんを投入!見事3塁ゴロに打ち取り

ゲッツーでピンチを乗り越える!

 

4回表(フード攻撃)

先頭の7番バッターT井くんがレフト前ヒットで出塁!送りバントで2塁に進め、

9番N部くん三振後、1番I田くんがショート内野安打の際、T井くんがホームへ

突っ込むがタッチアウト! 判定はセーフの感じがするが、仕方ない・・・。

 

4回裏(相手攻撃)

連続フォアボールを与えるもツーアウト2.3塁のピンチ!

セカンドゴロに抑えるもエラーがあり、更に1点を追加される。(1-3)

 

その後、チャンスを作るもあと1本が出ず、そのままゲームセット。

 

負けてしまいましたが、ハラハラ、ドキドキがあり、レベルが高い中、楽しんで野球が

出来た試合内容だったと思います。でも悔しい・・・。

 

photo

 

20180706nakane2.jpg

  ↑先制点の犠牲フライを打った T見くん #18

 

20180706nakane3.jpg 

  2番手で登場!ピッチャー Y波くん #16

 

20180706nakane4.jpg 

  公式戦初登場!(初マスク) 新入部員 H間くん #17

 

20180706nakane5.jpg 

  東京フードの「柳田」こと! S井くん #1

 

翌週7/1に行われた決勝戦。組み合わせは、つくば市代表チーム同士の対戦、

茎崎オールドファイターズさん VS レジェンドさん

 

※両チームとも春季大会で対戦しました。

 

結果は、茎崎オールドファイターズさんが2-0で優勝されました。

おめでとうございます。

東京フード協賛品(優勝賞品)として、チョコレートをお送りしました。

(下記、400g×20枚)

20180706nakane6.jpg

 

 次回は、9/2()から開催される、「つくば市長杯(秋季大会)」に参加します。

昨年は記念大会決勝戦を【メットライフドーム(西武ドーム)】で行う予定でしたが日程の都合で今大会へと延期となりました。

目標高く(ベスト4)そこを目指し、チーム一丸になって頑張りたいと思います。

 

20180706nakane7.jpg

ツール・ド・つくば20182018.7.04

category:みんなの広場

みなさんこんにちは。

東京フード自転車競技部(通称:ヘナチョコクラブ)事務局、船渡川です。

5月の「ツール・ド・さくらがわ」に続き、6月は地元開催のイベント「ツール・ド・つくば」

に参加しました。

この大会は茨城県のシンボル「筑波山」を舞台にしたヒルクライムレースで、全長12㎞、高低差500メートルのコースを自転車で駆け上がります。当日は曇り空の下、我々はヘナチョコ精神に

のっとり、正々堂々と安全第一の走り(?)で新緑の峠を攻略し、全員無事に完走することができました。

 

自転車で山を登る楽しみって・・・?

大人になるにつれ、息切れするまで身体を動かしたりする機会って少なくなりますよね? 

でも、子供の頃は、汗だくで息をゼーゼーさせながら全力で遊ぶことが楽しかったような気がします。私の場合、自転車のヒルクライムはそんな懐かしい感覚を味わいつつ、頑張った分だけタイムや基礎体力の成長など、結果として見えるところに面白みを感じています。

 

また、ヒルクライムは自分の体力やペースに合わせて、諦めずにペダルを回し続ければ誰でもゴールに辿り着けます。そこには達成感や満足感のほか、高所からの絶景などもご褒美として待ち受けていて「きつかったけどまた登りたい!」と思わせてくれる不思議なスポーツなのです。

 

ヒルクライムに限らず、サーキットコースなどの周回数を競う「エンデューロ」や、仲間と一緒に

ロングライドを楽しむ「ファンライド」など自転車のイベントは様々です。

従業員で興味のある方は、お近くのヘナチョコ部員までお声がけ下さい。

 

20180704funatogawa1.jpg

s.funatogawa

最近のエントリー
過去のエントリー
カテゴリー
企業情報

採用情報

バーチャル見学

  • アクセス
  • お問い合わせ
  • HOME