スタッフ一人ひとりの意見を大切にしてくれる社風

「工夫」が結果として見えるのがおもしろい

私が担当しているのは生産管理。簡単に言えば、人と機械をうまく使って、いかに効率良く製品を作る仕組みを整えられるか、ということに挑戦する仕事です。

たとえば以前、あるチョコレート製品を作る工程で、数種類ある原材料のうちのひとつを加える順番をあえて変えてみたのですが、それによって製品1トンあたり約30分の生産時間短縮を達成できたことがありました。

私がこの仕事をやっていておもしろいなと感じるのは、生産に関するさまざまな問題点を自分たちで考えて改善し、その結果として生産効率が良くなるのと同時に歩留り(原料に対する製品の出来高の比率)、品質などが向上したときですね。


また、この会社では社員一人ひとりがより良い職場環境を作ろうという意識を強く持っています。そのために職場のスタッフ同士で頻繁に意見交換をしていますが、その際には(社員だけでなく)パートさんの意見もきちんと聞くようにしています。つまり、同じ職場で働く人間同士は(役職などは関係なしに)みんな平等に会話することができる。こうしたフラットな人間関係も、東京フードの魅力だと思います。


ちなみに、休日は子供と遊んだり、お酒を飲んだり、自宅(24歳の時に購入しました!)の庭にある植物の手入れをしたりして、リラックスした時間を過ごしています。

私の強み:自信をもって仕事をする Topics:入社5年目に主任に昇格したT.S。部下を指導する立場にもある現在は、自信を持って仕事に臨むことを心がけているという。

一日のスケジュール

わたしの某月某日

8:30
出社
作業の進捗状況
勤怠状況を確認
メール・管理表のチェック
翌日の人員配置
出勤時間の作成
12:00
昼食
13:00
残業表作成
工場巡回
生産予定追加変更確認
人員調整
物品購入表作成
17:30
退社